ウェーダー

昨日6/5と5/25転んでしまってます。
単に足腰が弱いのかもしれませんがウェーダーはお下がりの安物。フェルト底(年季入りまくり)です。
仕事帰りに釣具屋に寄ったのですが、靴底はフェルトが大半。フェルトスパイクやゴム底のもありますがコケる原因は滑り。
フェルトスパイクは微妙って書いてるとこもあるのでフェルトかスパイクの二択で迷い中。

ウェーダーは蒸れ蒸れなので透湿素材は決定。

ブーツタイプかスパッツタイプか。やはり渓に行くなら足元はしっかりしたいのでスパッツタイプかな。
渓歩き大好きな方々はどのような装備なのでしょう・・・。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

お疲れ様です。

当方、フェルト底にピンスパイク付の安物ウェーダーですがスリップはあまりないですね。(高巻き中の泥んこ地面はすべりますが)

渓歩きの際にフェルト底の履物を使っていても滑って転ぶのでしたら、足の運び方や、ヤバいところでは片手をどこかについて身体を確保する歩き方を意識するだけでだいぶ変わりそうですが・・・。

そういえば当方、ウェーダーはムレムレでイヤーンなので気温が高いシーズンは鮎タビ(フェルト底)&化繊のズボンの組み合わせでズブ濡れ上等、帰りは着替えるからへっちゃらさ作戦に変更しようかなと思っています。
これだと足を動かす際のストレスが少ないので疲労も溜まらずにいいかなぁ・・・なんて。
ここいらへんは源流歩き(沢登り)の方々の装備が参考になりますので検索なさってみてはいかがでしょう。

全然関係ないですがラジアル底(ゴムのゴツゴツした底面)のブーツは2度ほど大きく転んでケガをしていますのでこればかりは避けたほうがいいと思います。
コケのむした岩の上にラジアルブーツはめっちゃくちゃすべりますっけ。

No title

>アサタカさま
いろいろ見てみましたがフェルトがいいようですねぇ。
今使ってるのは2000円しないうえに手入れ皆無、5年以上前の代物みたいです。
転ぶときは大抵水苔で滑ってるので(昨日の大コケは倒木に足を乗せたらすっ転びましたが)新品に替えようと思います。

そうは言っても慣れが一番大切ですね。

No title

おはようございます
フェルトは3年ぐらいになると減ってきたり硬くなったりでどうしても滑りやすくなります これからの季節は暑さ対策が必要となると思うので 水量の多い所は透過素材のウエーダーにウエーディングシューズ 浅いところは 腿までのフェルトのブーツ 沢のぼりが多い時は ネオプレーンのソックス スパッツにシューズかな
シューズを選ぶときは消耗品なのであまり高価なものより鮎たび状のもののほうが歩きやすいかもしれません
ちなみにバスケットシューズの底を平らに削り黄色のボンドでフェルトを張ると安上がりで歩きやすいですよ
フェルトは かかとのところが2重になっていて段になってるほうが滑りにくいようです
フェルトにピン付かどうかは好みですが かえって付いていると過信するので無しでもOKかな

No title

>はんちゃんさま
>フェルトは3年ぐらいになると減ってきたり硬くなったりでどうしても滑りやすくなります 

とっくに3年は過ぎてるのでツルツルして当然ですね。

やはりウェーディングブーツが足元が固定できてよさげですねぇ。

こんなのもあるようですがフェルト底でも十分かな。

ttp://www.syoei-pro.co.jp/keiryu.html

ウェーダーの補修

ウェーダーかぁ...

私の物はフェルトが剥がれてきました。
減ったら重ね貼りしてねって書いて有りました。
重ね貼りの前に土台部がダメ...

前のウェーダーは黄色いボンドで新しく付けたけど数回の使用で剥がれました。

今回も補修したいけど何か良い接着剤は無いかなぁ~

ウェーダーは・・

当方、ブーツタイプとソックスタイプ両方持っています

昨年はソックスタイプのみでしたが、シューズの紐を締めるのって結構面倒だし時間もかかるんですよね
1秒でも早く釣りたいっ!て時は気が急くんですよ(笑)

なので今年はブーツタイプをメインで使っています

ディープなマジ釣りの時のみソックスタイプ+ウェーディングシューズ、藪漕ぎ岩登りの時は更にゲートル(スパッツ?)を装備の時もあり、ですね

どちらもゴアではありませんが透湿素材です
真夏のくそ暑い時期だと流石に汗はかきますが、ムレムレにはなりません


ソールの素材は、スパイク無しのフェルトが良いのではないかと思います
上流部のツルツルした丸石なんかだとスパイクは効きませんし、逆にスパイクが邪魔をしてフェルトの部分が石に密着せずグリップしない、なんて事もありますので

シューズはフェルトと、SIMMSのビブラムソールのヤツを持ってます
大抵はフェルトの方を使ってますが、林道や獣道を長距離歩く時や、急な斜面の昇り降り(高巻きも)が予想される場合はビブラムを使う時もあります

当然川の中ではフェルトには敵わず、ダンスを踊る事はしょっちゅうです(爆)


個人的に今気になっているのが、モンベルの沢登り用タビ
ソールはゴムのラジアル(?)で、フェルト底のサンダルがオプションであるのですが、陸上ではそのまま行き、川に入るときはサンダルを装着するというものです
ネオプレン製なのでウェーダーじゃ履けないんですが、夏場はコレが快適なんじゃないかな~、なんて考え中☆

No title

>原渓さま
今使ってるのはフェルトを替えて寒いとき用にしようかと。

>黄色いボンドで新しく付けたけど数回の使用で剥がれました
黄色ボンドだめでしたか。接着面を荒くしたりして少しでも面積を広くしつつ、良い接着剤を使いたいですね。今度探してみます。

No title

>MK@YUKI さま
確かにウェーディングシューズを履くのは面倒そうですねぇ。(高いですし)
ブーツタイプにスパッツ装備で足元しっかりできたりしないものでしょうか。
とりあえず皆さんの意見を参考に実物を見て売ってるものを買おうと思います。

釣りは道具で悩むのも楽しいもんです。

No title

ちなみにボンドですが、『セメダインスーパーX』コレ最強です。
コツはきちんと説明書どおりに施工すること。
洗浄・脱脂、ペーパーなどでの表面積稼ぎ、きちんと乾燥させてからの張り合わせ。
ここらへんをきっちりとやるとおそらく靴底でも剥がれないと思います。
当方はウェーダーの補修に使ってますが、その使い心地に惚れこんで、最近の接着作業はほぼなんでもこれ1本です。

バッシュの底にフェルト張・・・。
古いバッシュで試してみようかな。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する