スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新製品

カムパネラさんから新製品の「クロスカントリーシリーズ」が発表されました。
6ピースのパックロッド&同じ性能の3ピース版だそうで。
実はロッドを受取に行ったときちょこっと触らせて貰ってました。2ピースだと沢歩きには不向きですねーと話してたら「開発中のモノですが」と出してきてくれまして。

6ピースってバイクで移動する人にはとっても魅力的。
去年のメインロッドのフリーストーンなんか8ft3inなのに2ピースで持ち運びが不便すぎた。
6ピースだとリュックにいれて源流もへっちゃら!バイク移動もお茶の子さいさい!

だけどオーダーメイドの1本があるのでメインロッドにはなれない臭がぷんぷんと・・・。
去年はフリーストーン片手にあっちこっち渡り歩いたので6ピースは完全にメインが折れた時用のサブにしかならないんだよなー。6ピースのサブは一応持ってるし。(キャスティング中にフェルールがすっぽ抜けるような安物ですが)

また物欲を刺激する逸品をだしてくれちゃって!

いや、我慢スルヨ?
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

6pとなると、仕舞い寸法はリュックに入っちゃうくらいなんですね。
ルアーとかフライの方たちは、バイク移動や藪漕ぎは大変だろうなぁと思っていたんですが、そういうブツもあるんですかっ。
でも、振り出しじゃないと6本継いで、そんでバラして・・・という繰り返しは結構な重労働ですよね。。。

その点、テンカラは(略

ぶっちゃけ6Pのロッドというのでもメインロッドになり得るものなのでしょうか。
もしそうなら・・・(物欲

No title

>アサタカさま
6Pのロッドは問題なくメインロッドになりえます。バイク移動や源流釣行がメインな人なんかは6P(4Pや5Pなども)じゃないと移動が大変ですし。

フライロッドがなぜ2Pや3Pばかりかというと繋ぎ目があればあるほどロッドのアクションがしなやかでなくなってしまうからだそうです。
フェルール(繋ぎ目)はどうしても強度が必要なので硬くなってしまうんですよね。

ただ6Pだと半分にして2P、3分割して3P、細分化して6Pと必要性に応じて変えれるのが利点です。


振り出しではないのは慣れれば全然気にならないので大丈夫かと。

そしてカムパネラのロッドはフェルールでも曲がるように設計されてるのでしなやかでした。
他にも色々なメーカーから出てますがロッドだけは実際に触れて気に入ったアクションじゃないと後悔してしまうんですよねー。通販で買ったはいいが使ったのは1回きり とかブログ徘徊でよく目にしますし。

なんでしたらシーズンインしたら持ってるロッドを総動員しますのでフライに脚を踏み入れてみませう。
ロッドがいつのまにか5本になってました(爆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ご訪問有難うございます。
パックロッドは便利ですよね。
カムパネラのロッドは良いですよね。
しっとりしたキャスティング感が好きです。
当方もたまにバイクで釣行しております。
ウエダのミックパックを背負って。
パックロッドは確かにサブロッドになりがちですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。