スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渇水@

さて、午後から仕事がお休みなので岩手山方面へ行こうと思いましたが山は雲に覆われていたのでいつものS川へ。

ここのところイイ釣りをしていなかったので期待せず前に尺イワナを逃したポイントへ。
やはり渇水で以前来た時よりはるかに水量が少なく浅め。

今回は実験的に巻いてきたフライをいくつか投入。
まずは丸棒タイプのフォームを2本左右につけてボリュームを付けてみたタイプ。
IMGP1855.jpg
あっさり見切られ退場。

次はアブ(かもしれない)タイプ。
IMGP1859.jpg
これも見切られアウト。

次はアント。この胴が離れてるタイプは見切られる。(ライズはするけれど咥えない→スレ掛かりでした。)
IMGP1866.jpg

こっちのタイプはいい感じでヒット。
IMGP1861.jpg
IMGP1849.jpg

次はモスキートP。
IMGP1860.jpg
いい仕事してくれます。(ボディがムースヘアの白と黒っぽいので縞々にしてあります。耐久性に難あり。が壊れてもヒットするという・・・)
IMGP1850.jpg

そしてアダムス。
IMGP1865.jpg
視認性を上げるためにウィングをエアロドライウィングに。
黄色やピンクは視認性がいいけれど魚の反応が落ちるとかどっかで見たけれど無問題。
IMGP1853.jpg
落ち込みの肩に落としたら下からスーっと出てきてくれました。

2時過ぎ入渓4時半退渓。
結果15~24cmイワナ:10匹
久々に満足しました~。


ここからは河川情報(偽)
アブがものすごいことになってます。
ちょっと車を開けてるとアブが車の中に10匹入り込んでたり、林道を歩くと常に2~3匹手にビシバシあたったり。
ハッカスプレーで刺されはしませんでしたが林道を通りかかったおっちゃんは格闘しながら去ってゆきましたw


竜川:渇水で本流がほどよい水量になっており釣りやすい感じです。いいサイズのヤマメが釣れてるという情報も。*ただし熊の目撃情報が続いているので注意が必要。

矢櫃:舗装が終わった先の林道がきれいに整備されてました。以前のガレガレではなくきれいな砂利道。
進むと薮化するのでそんなに道に期待はできませんが・・・。
林道少し手前は魚影かなり薄。竿を出しにくいポイントに何匹か確認できただけでした。
下流はハヤばっかり。

岩手山方面OM:ガレ道を進んだ下のほうの橋に先行者が居たため探索できず。
上流の橋は入渓してすぐが崩れており未だ崩落の危険性高。頭の上に大岩がせり出して今にも崩れそう。魚の数はかなり少ない。サイズはまぁまぁ大きめ。くれぐれもお持ち帰りせぬよう。全滅しちゃいます。

南畑R滝方面:マイクロ&コッパばっかり。上流は滑床でポイント少ない&面白くない。もっと上流は不明。*アブすごい。
鶯宿:いくらかお魚さんはいる模様。サイズは小さめ。ダム上流は不明。

H川:釣り人の影がすっかり消えました。イブニングライズも確認できず。魚もういない感じです。

とまぁ最近載せていない情報でした。不確かな情報も多々あると思うのであくまで参考までに。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

相変わらずの探索、お疲れ様です。

明日の当方の予定です(あくまでも予定)
AMはAZM沢の堰堤より上流を探索。
アブ対策は万全です。
PMは矢櫃本流の上流、乗り物では行けないあたりまで気合で突撃するつもり。
いずれも途中でダメっぽければ撤収しますのであくまでも予定ですが、後ほどレポートは拙ブログにて。

ところでフライの件。
モスキートP、アントP×2種ですが、そのくらいの違い(失敬)でもそれほどのお魚の反応が違うものですか!

色・サイズ・タイプ・巻き方。いろいろありすぎて釣りをする側が先にまいっちまいそうです(笑

No title

>アサタカさま
突撃レポート期待してます。
AZM沢は道中気をつけてくださいね。ほんとアソコは1人で行ける気がしませんw

矢櫃本流の上流は行ったことがないので楽しみにしております。

フライはモスキートは他のアダムスPなどでもさほど変わらないと思います。
アントはなんででしょうねぇ?たいした違いではないと思うのですが確かにあれだけ胴が離れてる蟻んこはいませんねw
スレたお魚には細身のボディがいいとも聞きます。クイルボディPなんかもいいかもしれませんね。

モスキート

ボディーにはグリズリーのストークをぐるぐると そのあとボドキンを一滴たらしておいて あまり浮力はありませんが かじられたぐらいじゃばらばらになりませんよ
みなさんあまりコンドルクイル使わないようですが ボディの材料としては最強ですよ なかなか巾のあるクイルがありませんが
ボディにくるくると7回ぐらいで巻けるようなら最高なんですが

No title

研究お疲れです。

この間無視続ける魚が反応したのはCDCカディス18番でした。
後は尺取り虫をイメージしたやつも良かった。

CDCは一匹釣れると回復まで時間が掛かるから数が必要に成っちゃって...
最近はアントとEHC以外は補充していないなぁ...

見習わないと!!

No title

>はんちゃんさま
なるほど、グリズリーって手もありますね。今度試してみます。
コンドルクイルはなかなか見かけないんですよねぇ。通販だと想像してたのと違ったときが困るし・・・。
次はアブフライを完成させてみたいなぁ。

No title

>原渓さま
CDCは確かにイイんですが乾かさないとねぇ・・・。
CDCガガンボのウィングをエアロドライウィングにしたのを使ってみましたがやはり沈んでしまいました。視認性はバツグンでしたよ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。