廃道

平年並の気温に戻り前日夜から雪が若干積もった日曜。
雪代も落ち着いて多少は釣りになるかな?ってことで白い岩魚に会いに行ってきました。

とはいうもののこの川、昨年の大雨で大打撃を被っており色々不安があったので「調査」が主な目的。

ゆっくり8時半に林道入口に到着。入渓地点の橋まで川の様子を見ながら歩くと
流木はあるけどそこまで変化はないかな?なんて思ってました。

いざ入渓すると そこには全然見たことのない川が流れている。
知ってるポイントが一つも残ってない。
変わっていないのは支流の流れ込む位置や橋、護岸のみ。

釣り上がって行くが自分がどこを歩いてるのか分からなくなり残ってる目印を発見してようやく現在地把握。
周囲も倒木だらけでどれだけの水が出たのか計り知れない。
そして
P1010912.jpg
これ、道がまっすぐ伸びてたんだぜ・・・。
川にえぐられ跡形もない。

帰り道何気なく立ち止まった足元にそれはあった。
P1010916.jpg
復旧終点
つまりここより先は 復旧しません=廃道 ってこと?
道は絶たれ舗装も剥がれとてもじゃないけど車は入れない。バイクも無理。
綺麗な岩魚がいる川だから気軽に寄れなくなるのは残念だけど自然相手な遊びなので。

肝心のお魚さんは居ました。時速1匹、計2匹。
写真撮る前にお帰り頂いた。
生き残った貴重で生命力の強い岩魚達に乾杯。
スポンサーサイト
コメント

No title

あいたたた。壊滅ですか・・・。
いい川だったんだけどなあ。あそこ。。。


まあそれほど交通量がある道路ではないし、廃道やむなし・・・でしょうか。

何年かたったら、探検に行ってみようかな。貴重な子孫の顔を拝みに。

うわぁ~

道路沿いからも かなりの損壊が 確認できましたが 澤スジや林道の状況は… ホームリバーにされている双雪さんには 辛すぎる景色ですねぇ。 しかも また 無神経な 砂防ダム改修とか林道工事で ドガドカ 工事されて 渓流が いじめられると思うと 本当にたまりません 釣れても釣れなくても 澤の空気と景色 渓流の水音を聴くだけで 元気になれるのに…

時間が かかっても いいから 雫石の渓流がまた渓流として 生き返る日を 心待ちにしております。

No title

道が無くなる → 入る人が減る → イワナ君の数が増える
という図式になれば良いですね

数年経って、イワナ君の聖地になる事を期待しましょう

No title

>アサタカさま
アサタカさんが尺釣った所もドコだココ?状態ですっけ。雪が溶けたらもう1度調査してみよっかな。

No title

>マサさま
昔にもこんなことはあったでしょうし、それでも魚は生きてるので生き残った魚達を大切にしつつ遊んでもらえればと思ってます。
林道はしょうがないですね。必要があって作られた道ですから。砂防ダムはいらないけどネ。

ちなみにCR区間の方は問題なく釣りできますよ~。

No title

>MK@YUKIさま
ワタクシもその図式に期待してます(笑
まだ調査してない川があるので少しずつレポしていきますよ。
ウハウハになってたらお連れします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する