ティペット

今まで某社のフライ用ナイロンティペットを使ってましたがフライ用品て高いですよね。
噂では他のラインをスプール換えただけのものが殆どとかなんとか(事実かどうかは不明です)

かと言って他社の安いのに乗り換えてもイマイチ信用が。
鮎用のラインは良いのは確かですがいかんせん高い。
そこでルアー用のナイロンライン。フライ用だと50mで1000円超えちゃいますが、ルアー用だと約100mで同じ価格。
もちろんメーカーは以前から信用して使ってるV社。
で、スプールがどデカイ。持ち歩くには邪魔なレベルなのでフライ用のスプールに巻き替えしないといけない、ということで。
DSC_3 (2)
ホームセンターで買った部品を組み立てること3分。完成!(後ろは製作途中なのでごちゃごちゃしとります・・・)

あとは巻き取り用スプールの糸巻き器を作れば完成。たぶん明日になると思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

ワタクシ、ティペットは安いナイロンラインですけども、最近それじゃダメなのかも・・・と思い始めていましたので、実にタイムリー。

銀鱗でおk。という意見もあるようですが、実際のトコ、どんなもんなんでしょう。
やはり専用のティペットにはその値段なりのなにかスペシャルな部分があるのでしょうか。
でも・・・やっぱりコストがねぇ。。。
そんなに大量に消費するようなものでもないんだけども・・・。

No title

>アサタカさま
安いナイロンも使いましたがやはり耐久性とか合わせ切れが多い気がします。
もちろんフライ用だからといって全てが良い訳でもなく。
ロングティペットだとライントラブルも増えるので結構消耗するんですよねぇ。
今度道中じっくりねっとり話しましょう?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する