第二回「ドキッ!(以下略)」

さてさて散々開拓を進め満を持してのトリオ釣行。
が、ご存知のように前日までの晴天は幻かというくらいの雪予報。
宮古方面は曇り予報だから大丈夫だべ!と決行。

朝五時にアサタカさんをピックアップしMK@YUKIさんと待ち合わせてMy愛車で乗合せて出撃!

渓相抜群、水位平常、水温激低、魚不釣。

途中上流へ移動するため崩れた岩場を車で乗り越えその先の雪溜りに行く手を阻まれバックで岩場を再度超え。
林道から見下ろす渓相は最高、魚の姿は見える。が、MK@YUKIさんのルアーを追ったのは1度きり。
そこのポイントを眺めている間にアサタカさんが抜けがけ「ボ」抜け。
それでは・・・とアサタカさんが釣った流れの対岸の巻きを流しているとマーカーが「スッ」と消えヒット!
サイズは23cmくらい。
P1010478.jpg
「ボ」脱出して一安心。

さてここからは遠路はるばる帰ってこられたMK@YUKIさんに釣ってもらわな!
ってことで林道から見つけた魚にルアーを投げてもらうもモーションだけで魚が逃げてしまう。
すでにスレスレ?

結局アサタカさんが穂先~毛鉤までをロケットのごとく何処かへ飛ばしたのをきっかけに移動決定。
雪も降ってきたし・・・。

林道を歩きながらあーだこーだ言いあい某河川へ。

とここで時間がワープ(なかったことに)しアサタカさん実績の小渓流へ。
入渓して間もなくMK@YUKIさんが掛け損なった模様!
これはイケルか!と思いましたがちょっと減水気味の影響か中々魚は出ず、ようやく少し深みのあるポイントでヤマメをヒット!
P1010481.jpg
いい笑顔です!

堰堤を超え、深みのあるポイントで2匹目ゲット。
P1010483.jpg
その後も魚はいるもののルアー、フライには見向きもせず。
上流を散策し葉わさびの群生を発見したのを最後に本日の釣行は終了となりました。


厳しかった の一言ですが楽しかったので満足満足。
楽しいひとときを過ごせるのは幸せですな。
また帰省の際は遊びましょう。アソコとかアノ川とか行きましょう。

そしてアサタカさんに山菜教わろう(笑
スポンサーサイト
コメント

No title

いやいや当日はお疲れ様でした。
釣りは厳しかったですが楽しかったので(以下同文

それにしても閉伊川群の渋さはいまだけのことなのでしょうか・・・。これから先のシーズンがちょっぴり不安でございます。


ちなみに。
青森に行ってきましたが、フライ&テンカラでは「一切」ダメでした。。。

No title

>アサタカさま
ホントお疲れさまでした。
あそこまで厳しいと誰が予想できたでしょう。

今年は雪の影響で同じように考えてる人が多数なのかも?
ということは内陸の方はウハウハが待ってるぜ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する