スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時は

こんな天気の悪い日はタイイングにもってこい。
専ら雑誌や本、ネットなどで見つけた綺麗な毛鉤達を真似ている。
DSC_0100.jpg
この本はタイイング教書・・・ではなくエッセイなのだがプロタイヤーの本だけあって小技等が散りばめられている。読み物としても面白い。何より毛鉤達が美しい。テンカラ毛鉤も載ってます。

自分もこんなふうに巻けたらなぁ、と思うもののいかんせんぶきっちょ。
本の隣にある缶の中身はお世話になって壊れてしまったフライや巻いたものの時間を空けて見てみるとなんとも不細工で使う気にならなかったフライ達。(本当はもっとあるけど)
DSC_0101.jpg

不細工でも釣れるには釣れるのだから使えばいいんだけどフライボックスに入ってると絶対手が伸びないのだ。暇を見てリサイクルしようと思う。

釣りを再開して3度目の春。
フライフィッシングで言うところの3つの要素
・タイイング
・キャスティング
・フィッシング
どれもまだまだ未熟。
だけど自分で巻いた満足いくフライで美しい渓魚達に私は会いたい。

*************************************
記事にはしてないけど釣りはしてますヨ?
毎回小一時間程度しかやれてない上にコッパヤマメが2~3匹。
去年の出だしが最高だっただけに欲求不満でゴザイマス。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。