スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016謹賀新年

皆さま明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

フライネタは時期が時期なので封印して、まだ全面氷結まで行っておらず心配なワカサギネタでございます。

元旦初売りということでイーハトーブ釣具さんへ。
入店するとそこには、ばいんばいんの美女・・・ではなく釣り吉さんが。
この間遠征行ってきたようなので色々お話を伺い。

あれこれ物色して手に取ったのは某フライライン#3とP社の穂先ケース。
ちょっと前にS社の穂先ケースは買ったんだけど使い勝手が微妙なので買い替え。
そういやアサタカさんも持ってたっけな、このP社製。

帰ってきて穂先を入れてみると・・・
去年までの主力「わかさぎの蔵 松」が入らん!
長さは足りてるのだけれど特徴的なバット部の幅がどうにも合わない。
DSC_0423.jpg
(比較はバリバスの27FS)
となれば改造。

底のマットを削り穂先を挟むフォーム材も移動。
ジョイント部分が乗る部分も削り。
見た目はアレだがなんとか入りました。
DSC_0422.jpg
穂先を挟むスリットも入れやすいように拡張。
最後に小物入れを半分にして接着。

これで出し入れしやすくなってばっちぐー。

氷結率8割とのことですがいつになることやら。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。