スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ・・・そして

edited_1457672502081.jpg
解禁直前の話。

今年から始めたスノーボードの帰り道。
ちょっとしたところでまさかのスリップ&縁石激突。
なんとか帰って翌日、近所のガソリンスタンドで診てもらうとアライメントがどうとかトーがどうとかで修理必要とのお達し。
だけどあちこちガタがきていて他にも修理したほうがいいところを放置して乗っていたので潮時かな・・・。

色々な所へ行き、プロペラシャフトを曲げてみたり滑落した足で運転したり(あ、どっちも同じ川だ)
苦楽を共にした愛車。
いよいよお別れのようです。
edited_1457672485424.jpg


そしてガソリンスタンドで診てもらった同日、知り合いの車屋に会ったことで事態は急加速。
2日後に車あったよーとの一報が。
状態、走行距離ともに申し分なし。即決。

そして出会い。
edited_1457682837581.jpg
初めてのスバル。憧れもあった。
これからよろしく、相棒。


ハイブリッドだからスペアタイヤないけどなっ!
スポンサーサイト

完成!

珍しく本日2回目の更新。
作成中だったランディングネットが完成。
グリップ:マーブルウッド
フレーム(外側から):ウェンジ、花梨タイガー、本紫檀、トチタイガー(内張り)
過去作品の集大成ということで個性的なカタチ・・・では飽きがくるだろうと思いオーソドックスなカーブネット。
P1020221.jpg DSC_0208.jpg

P1020225.jpg P1020226.jpg

DSC_0201.jpg DSC_0207.jpg

ネームは初手書き。フレームが黒いので白のポスカ(水性)。
塗装は2液ウレタン。
大事に使ってやらな。
入魂が楽しみデス。

暖房

外は猛吹雪。道を走ればホワイトアウト。
そんな中ワカサギ用暖房を考えてみました。

去年まではイワタニのジュニアガスヒーター。
悪くないけどスポット的に温めるので糸やガイドが凍る。
なので目の前に置いて温めれるコールマンのスポーツスターのような使い方ができるのを模索。
ただしホワイトガソリンは火力があって気温が低くても使えるのだけれど臭いや購入、メンテ等が面倒。
なのでCB缶が使えてコンパクトで暖かい。というのが理想。

以前釣りの時にコーヒーでも・・・と買ってあったSOTOのレギュレーターストーブ。
これが使えれば・・・と色々調べているとありました。
コールマンの遠赤ヒーターアタッチメント。
これがちょっと削るだけでハマるらしい。
だけど問題は 輻射熱。
これでガス缶が爆発・・・なんてこともありうるので無理かぁ~と諦めてました。

が、これまた発見。
SOTOの新製品。溶岩石プレート。
レギュレーターストーブに乗っける焼き焼き用のプレートなのですが、輻射熱を遮断するための遮熱板が付いてまして。
これと合わせるとイケる!
さらにこれを使った実験動画がありまして。1年使ったけど問題ないとのこと。
ということで後押しされ
DSC_0211.jpg
左下からヒーターアタッチメント、遮熱板の隙間を埋める自作チビ遮熱板、SOTOの遮熱板、そしてレギュレーターストーブ。

DSC_0210.jpg
こんな感じに組んで使用。
どれだけ暖かいかはこれから実験になりますが期待だけはしておこう。

※遮熱板とストーブは正規の組み合わせですがヒーターアタッチメントは非推奨の組み合わせなので自己責任でお願いします。

Newモデル

思うような釣りもできず、ワカサギのドーム船にも足が向かないので来年に向けてランディングネットを作ることに。
某黒い人が始めたようなので触発されたというのもありますが(笑

さて、今回は今までとは違いホームセンターでは揃わない材料を使うという意気込み。
グリップ:マーブルウッド
フレーム(外側から):ウェンジ、花梨タイガー、本紫檀、トチタイガー(内張り)
という仕様に決定。

マーブルウッドにグリップを描いて
DSC_0189.jpg

切り出し、合わせて作った型枠にドッキング
DSC_0191.jpg

自作ベンディングアイロンでフレームを曲げ、型に固定
DSC_0192.jpg

あとは接着。これが一番たいへん。
仕上がりを左右するのでゆっくりやろう。

ごにょごにょ

ちょっとした工夫を。

これを
DSC_0169.jpg

こうして
DSC_0172.jpg

こう!
DSC_0170.jpg
横は内側、下は外側に出るように切り込みが入ってて。
あとはパイプ挿して包めば・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。