スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライでGOGO

嫌になるくらい毎週週末の天気がよろしくないので晴れマークが付いていた今日お休みをもらいました。
どこにしようかなーと悩んだ挙句岩魚が見たかったので葛根田C&Rへ。
途中の気温は7℃とまずまず。が山へ近づくとポツポツと雨が・・・。
到着した9時半で結構な雨足。せっかくの休みだし帰るわけにもいかないのでカッパを着て入渓。
水温は5.8℃となかなか。雨ですがドライで釣り上がることに。
フライは半沈み♯16のブラックP。しばらく進むとモソッとヒット!がバレ。
久々のドライで少し慌てちゃったw
すぐ横の沈み石の横を流すとお魚が追いかけただけ。魚は居てドライに反応するからいけるな!と思って進む。

乗り越えようとした岩の先で岩魚がクルージングしている!
P1010127.jpg(魚は写らないかー)
丁度岩に流れがぶつかり流下物がたまってるポイントで羽化して流れてきた羽虫をせっせと食べていた。
目の前で5秒に1度ライズされたらもう堪らりません!絶対とってやる!と意気込んでキャスト。
が見事にスルー。2回3回と流してもスルーされたのでフライ変更。ユスリカフローティングピューパにしてみたもののこれもスルー。
まだライズは続いているので流下物を観察するとグレーっぽい「ボアー」っとしたシルエット。
手持ちのフライを見てみると小さいCDCカディスが。
これだ!と丁寧に準備してキャストすると・・・1発で出た!
P1010128.jpg
25cmほどの丸々と太った岩魚ちゃん。手こずりましたが今季初ドライでゲットだぜ!

流れが岩にぶつかり緩やかになってるポイントで27cmを追加。
P1010129.jpg
CDCが濡れやすく視認性がイマイチだったのでADWカディスに変えて釣り上がるもよそ見をしてて1バレ。

雪の上で
P1010130.jpg
ヒメフタオカゲロウ?割と大きく1.5cmほど。
クイルボディPに変えて見るも1バレ。

ふと胸元を見るとフライパッチがない・・・。自作で割と気に入ってたのに!
やる気をなくして2:00退渓。(帰り道で無事発見しました)

今日のデータ
9:30~14:00
天候:雨
気温:7℃
水温:5.8℃
フライ:♯16半沈ブラックP
    ♯18CDCカディス ADWカディス
    ♯14クイルボディP
釣果:25~27岩魚2匹(バラシ3)

カゲロウも出始めたようなのでドライが楽しくなってきました!
「ボアー」っとしたシルエットの羽虫をせっせと食べてるようなのでCDCカディスがいいんだろうけど
CDCの質や量を変えてみないと使い物にならないなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

入魂の儀

少しづつ春に向かっているなと思える気温になってきたにも関わらず今朝の最低気温は‐9℃
コンディションはよろしくないですが昼には家に帰らなきゃいけないので7時出発。

昨日の偵察で水量がだいぶ少ないのを確認したので、水量があり深い淵などがある川を選ぶ。
R川は駐車スペースが行きたいポイントから離れていたためもう少し春が進んだら行こう。(雪解け増水で厳しくなるかもしれないけど)

ということで去年なぜか行かなかった葛根田川C&R区間へ。
到着すると川原へは誰の足跡もない。餌師は持ち帰り禁止だからこないのだろう。
意外と雪が硬く岩の隙間さえ気を付ければ靴が埋まる程度で済みました。
水温は3.7℃。それでもユスリカやクロカワゲラなどがいるのでなんとかなるかな?

P1010107.jpg
と思ったものの現実は甘いわけがなく。
7時半開始~12時近くまでアタリどころか魚影すらなし。
目当ての大淵に着くも鴨がいらっしゃいまして魚影なし。orz

退渓ポイント間近で対岸が岩盤でいい感じにエグレてるポイントに到着。
何投目だろうか、フライがエグレの奥に入った瞬間マーカーが吸い込まれた!
おっしゃ、ようやくヒット!

魚が下ったので付いていこうとした瞬間「ズルッ」
同時に何かが「ポチャッ」

うおおおお、リールがあああああああああああああああああああああ!
ラインを引くも流れに揉まれ糸だけ出てくる。
そして魚は流れ中央にある大岩の向こう。

①リールを回収してから魚を押さえる。
②魚を押さえてからリール回収。
③一緒にダイブ。
貴方はどうする! 的な選択肢が浮かび即座に③  ではなく②をチョイス。
なんとかネットインし岸へ移動。リールは沈んだまま。よかった・・・。
大変な思いをして果たした入魂の儀。お魚さんは
P1010104.jpg P1010103.jpg
入魂に相応しい32cmの尺岩魚。
カムパネラロッド、フリーストーンLA、ハンドメイドランディングネット 完璧な入魂の儀となりましてこれにて退渓。
今年も素晴らしい渓魚達に出逢えそうだ。
P1010108.jpg P1010106.jpg

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。