朝練その後

連休となる終末。
どこ行っても混んでるし前日にやられちゃったんだろうなという想定の下
アサタカさんと朝練へ。
去年は来なかった久しぶりの流れはちょっと水が少ない。
どこもこんな状況なのはなんででしょうね?

誰かさんのスノーシューの跡がまだ残っている林道を暫く歩く。
スノーシューの人が入渓した所から川へ。
今朝も冷え込みまして、気温は-7℃。
こんな気温だと魚は動かないんだよねーといいつつ朝練なので振り込み練習開始。
 ・
 ・
 ・
アサタカさんが先行して何匹か釣ったり後追いで1匹釣ったり。
P1020767.jpg

ここには居るべ!ってとこから反応がなかったりしてるうちに
アサタカさん撤収時間となりサヨナラ。

さて、予想通りの展開だけどもう少しやるかな。

アサタカさんと別れた次の大場所。
手前で2匹釣れてなかなかいい感じ。
水面から少し高い、斜めになった岩の上に登り様子を伺うと大きいのいるじゃないですか。
ちょうどアップで投げるにはちょうどいいので数投するも反応なし。
ふと足元を見ると沈んでいたお魚さんがなんだか浮き始めたよ?
そしてなんだか大きそうなのが浮いてきたよ?
しかしフライはガン無視。。。
ティペット5xを6xに、フライを#14ビーズヘッド付から#18フェザントテイルに変更。
流すレーンや棚を変えることしばらく。
ふわっと浮いて大きな口を開けて沈んだと同時にマーカーが!
これはなかなかのサイズですよー。
足元が悪いのでとっととお帰りいただき本命を狙いにいくよ。

棚をどーんと深くし、ショットも追加して底にいるアイツを狙い撃つぜ!
ちょっと流れが難しく底まで沈めにくいがマーカーが消し込むその時が訪れました!
フッキングするとぐんぐん走るお魚の感触。
キモチイィィィィイ!!!!
引きを堪能しましてネットからはみ出す尺ヤマメを撮影・・・
しようとした瞬間暴れるソイツ。
しかしここは 「水面から少し高い、斜めになった岩の上
バランスを崩して落水する可能性があるのにそんなとこで写真なんぞ撮ろうとするのが間違い。
暴れたソイツは元気にお帰りになりましたとさ。トホホ。

写真は撮れなかったけどテンションはアゲアゲなのでむさむさと釣りあがり
退渓予定の橋へ到着。
その下にあるポイントへ#18フェザントテイルを投げるとマーカーが横に走り出す。
えいやっと合わせるとこれまた好い引き!
今度は尺岩魚。
同じ失敗はしないように浅場で撮影。←これ大事
P1020770.jpg

日が昇り緩くなった雪の上をヨタヨタ歩きながら顔はニヨニヨしてました。
P1020766.jpg
スポンサーサイト

歩き時々魚

解禁後初の日曜日。
昨日は荒れた天気で雪も降り釣り日和とはならなかったのですこーしだけ期待。

午前で帰らないといけないので慣れた川へ。
ゆっくりスタート(8:00)してむさむさと打ち込むもさっぱり反応がないよ?
かれこれ1時間が過ぎたころ、ストレートでゆっくりな流れに到着。
流れを見ていると何かいるな?、釣れるかな?
2m先に着水させちょい横を通すと すっ とマーカーが消し込む。
合わせると でろ~ん とした感触。
寝坊助が起きる前にネットイン!
P1020759.jpg
尺はあるかな?と思いきや余裕の尺越え。
あいや、こったないい魚 初っ端から釣っていいものだべか?
40cm超えた頃また会いにきてちょーだい!

にしても魚が寝てるのか少ないのか。
堰堤下でも1匹のみ。

この区間では初の山女魚が釣れたり。
P1020761.jpg

これまたなかなかのサイズが釣れたり。
P1020764.jpg
合計4匹。時速1匹。
もうちょいと数が出ないと心が折れちゃう。
P1020765.jpg
ただ、雪が多いし水量はばっちりなので今年は(魚が居れば)バッチリなんじゃなかろうか?

生存報告&2017解禁

半年ばかり放置してまして、お久しぶりです。生きてます。

今年も始まりました。渓流解禁です。
もちろんワカサギも行ってました。
束は2回超えましたが爆発するほどは釣れなかったですね。
それでも魚探の見方を多少学んだので来年は!

さて3月1日の解禁日。
3年連続でアサタカさんと旅に出ました。
暖かそうな~釣れそうな~沿岸方面へ。
事前に情報を仕入れたということなので行先はお任せ。

でしたが、水が少ない。魚の姿が見えない。走る影もない。川虫の姿もない。
転進転進転進で釣りした時間より移動時間のほうが多かったかも?
結局内陸のほうまで戻ってきてオチビ山女魚とご対面。
P1000182.jpg

沿岸地方は去年の台風の影響なんだろうなぁ・・・。
さて、次からどうしましょ。
引き出しなさすぎて困るー。
そんな感じで本年もよろしくお願いします。

連休最終日

昨日はMK@YUKIさんと秋田の海へ。
キス狙いでしたが、雨の中ピンギスがポツポツ。
もう少し早い時期に来ればもうちと良かったかな。

若干オツカレの翌日、午後からのんびりと川へ。
道中山の方の雲行きが怪しい・・・。
なんとかなるかなーと川に刺さると同時に雨が降り出す。
止むべか?と待ちながら準備。ってアレ?
ティペットがない!
ファールドリーダーを使ってるので3X~6Xを繋いでいるのだけど4X~6Xが行方不明。
1か月も川に立ってなかったからといってこんなことにも気づかないとは・・・。

ポケットを漁りなんとか6Xの予備発見。
3Xに6Xを結びかなりショートなシステムとなりましたが雨の中レッツスタート。

目の前の流れに乗せてダウンで流すといきなりヒット。
P1020666.jpg
んー、いいね!

雨宿りをしながら眺めているとライズ発見。
その辺りにフライを落とし、ちょいっと動かすと真下からドッカン!
P1020667.jpg
楽しい出方をしてくれたのは尺ちょいの岩魚さん。
たまらんす。

ここで一旦レインジャケットを取りに戻り再スタート。
出てくるのはどれも25cmほどの型のいいのばかり。
それもいかにもってトコロにいるので予想通り出てきて楽しい。
ショートなシステムだけどそれもまた楽しいってもんです。

久しぶりの渓は堰堤下で2匹追加した所で終了。
P1020670.jpg
P1020672.jpg

雨だったけどそれがいい感じになったような?
2時間ばかりの釣りでしたが満足満足。

さて、ティペットはアレ買っちゃおうかな!

逆転ホームラン

先日雨が降ったので渇水は多少解消されたかな?と山女魚の川へ。
到着すると・・・あれ、大して降らなかったのか渇水状態。
でも来ちゃったしやるべか!

入渓早々山女魚がお出迎え。
P1020648.jpg
スレてない感じ~。

お次は岩魚。
その次は・・・ん?なんだ?
岩魚が2匹寄り添いつつ尾を噛んだりしてじゃれあってる。
ずいぶん仲良しだなぁ。カップルだべか。まだ気が早いんじゃねーの!

そして次も岩魚。だけどなんだか変。
胸鰭が小さい。
その次はもっと胸鰭が小さい。
P1020649.jpg P1020651.jpg
(左が成魚放流、右がネイティブ)
これは成魚放流ですね・・・。
さっきの2匹の岩魚は養殖モノなゆえの行動だったのかな?

放流モノとネイティブの岩魚が半々くらいで交じり、山女魚はポツポツ。
山女魚釣りに来たのに岩魚が多いなー。

尺山女魚の実績ポイントではうんともすんとも言わず。
だけど20cmくらいの魚はいっぱいいるようで釣れなくても楽しい。

必殺フライがご臨終したのでカディスパターンに変えると釣れるのはほぼ岩魚。
ぎりぎり尺。
P1000158.jpg
この後メジャーを置き忘れ無くすというポカをやらかす、右足のフェルトが脱落して滑りまくる。
尺岩魚釣ったしもういいかな・・・。

残りは退渓点までティペットもヨレヨレになったまま適当にぺしぺし投げポイントを消化していく。
そして退渓点手前で掛けた魚を取り込む際右足が滑って肘を強打。
ちょっと青タンになっただけでした。骨が丈夫でよかった。

さらにやる気ダウンで無心のまま、とあるプールに一投。
するとモコっと出た!
岩魚か。おぉ、デケェ。余裕で尺あるじゃん!
あっさりネットインしたのを見てみると
P1000160.jpg
山女魚じゃねーか!
P1000164.jpg
おおぅ・・・きれいな金色の山女魚。
P1000167.jpg
メジャーを無くしたのでネットに合わせてパチリ。
(後ほど写真の位置で計測したら32cmでした)


無心でいたので魚も警戒心なく出てくれた(そんな訳もなく、ただの竿抜けポイントです)
まさかの逆転ホームラン。
P1020656.jpg